沿革・歴史

会長挨拶

会長挨拶

創業して33年。当社が今日あること、関係各位様に弊社一同、心よりお礼申し上げます。

私、創業者の吉葉義夫は長年、有名玩具メーカーの金型製造で子供たちの夢を乗せたプラモデル作りをしておりました。

やがて1981年5月に、日本の最先端技術が集まった地元・つくば市においてプラスチック金型製造会社を設立。引き続きモノづくりへの情熱とともに邁進して参りました。昔ながらの職人気質を守る一方、最先端の機械を導入し高度な作業への対応とコスト削減に成功。24時間のフル稼働を可能にし、納期の短縮も可能にしました。

そして現在は後進に道を譲るべく社長を退任。二代目社長を務める長男を含め3人の息子に、現場の全てを任せております。モノづくりの世界は常に日進月歩であり、そこには若い力、柔軟性が必要ですから、会社を託すことを決断いたしました。これからも時にはぶつかり合いながら、それぞれの役割の中で、日本の製造業に貢献してもらえればと思います。

また、そんな後進への思い・期待は常日頃より、全社員、そして日本のモノづくりに携わる次世代全ての方に対して持っております。ぜひ大きく羽ばたき、親世代を超えていってもらいたいと思います。

今後とも三葉彫刻所をよろしくお願いいたします。

 

好きな言葉

「人間は岩になれ,心は花になれ」…何事も「動揺せず」「ぶれることなく」「岩のようにどっしりと構え」、花のような明るい心で誠心誠意、事に当たりたいと思っております。

取締役会長 吉葉 義夫


株式会社三葉彫刻所
株式会社三葉彫刻所
株式会社三葉彫刻所


沿革

1969年ヒカリ金型工業(株)に勤務
1981年5月三葉彫刻所として独立開業
1986年5月有限会社として法人組織とする
1997年5月成形機導入 成形開始
2003年5月つくば事業所を新設
2005年10月資本金800万円を1,000万円に増資
2007年9月資本金1,000万円を3,000万円に増資
2010年10月有限会社より株式会社へ組織変更
2017年6月2階建ての新工場完成(7月より稼働)

2階建ての新工場完成!

2017年の初夏、待望の新工場が敷地内に誕生しました。従来の工場と合わせ清潔さに十分な配慮を行い、とてもきれいな空間となっています。ぜひ一度、ご見学下さい。